目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

いつからか「間、髪を入れず」とか言うようになったよね

f:id:meboshi:20190209192811j:plain

僕さあ、日頃からテレビをよく見たりするわけ。

子供の頃からテレビばっかり見てて、もうテレビに育てられたようなもんじゃん。

テレビって面白いよね。

もう、テレビなしでは生きていけません!

そんなわけで、今日もイライラしながらテレビを見てたわけよ。

声に出して読みたい日本語

声に出して読みたい日本語

 

アナウンサーのナレーション

そうしたらさ、ある番組のナレーション? って言うの? 声だけで番組の内容や状況を説明したりするアレよ。

その中でさ、「間髪を入れず」という慣用句を使った時に、ちょっと違和感を感じたんだよね。

ん?

「違和感を感じる」

っていうのもあってんのか?

重複表現なの?

まあ、それは置いといて。

どういうことかと言うと、

「間、髪を入れず」

とか言ってんの。

「かん、はつをいれず」

って言ってるんですわ。

ちょっと前までは違う言い方してなかった?

いや、ちょっと待てよ、と。

お前さ、ちょっと前までそんな言い方してなかっただろう、と。

テレビの前で声に出して突っ込んじゃったよ(嘘)。

ちょっと前までは

「かんぱつをいれず」

って言ってただろうが、と。

まあ、別にこれが初めてじゃなくて、最近やたらと耳にするようになってきてて、そのたびに気になってたんだけど。

なんでこんな言い方になってきたんだろうな。

クイズ番組で頻出

よく考えてみると、ちょっと前からクイズ番組とかでもよくでてくるんですよ、慣用句の問題とかで。

この慣用句に読点を打つとしたらどこでしょう、みたいなやつとか。

漢字を書かせる問題の解説とかで、

「これはこう言う意味なので、かんぱつ、ではなく、かん、はつ、と区切ってもいいくらいなんですよ」

とかやってる。

「間に、髪を入れず、と表記を変えても良いくらいです」

いや、流石にそれはやりすぎじゃねえ?

林修先生のせいか?

今、こう言うの流行りだよね。

何パーセント以上の人が、この慣用句の意味を間違えて使っています!

って言うやつ。

もしかしたら、流行りじゃなくて、ずっと昔から言われてるかもしれないけどさ。

あてにならないからな。

「最近の若者はだらしない」

って言うやつも百億年くらい前からずっと言われ続けてきたんだろ?

「最近の若者批判」なんてあてにならねえな。

言葉のプロ、アナウンサー

そんなこんなで、ナレーションをしてるアナウンサーとかも、意識して発音してるんだろうな。

「ワタクシ、ちゃんと語源を理解して、正しい知識を持って、正しい発音で正確な情報をお届けしています!」

みたいな。

「そこらへんの不勉強な人たちとは違って、プロですから!」

みたいなね。

もう、自分たちで言っちゃてるしね。

フリーになったアナウンサーとかがよくクイズ番組の回答者で出演したりするじゃん。

「言葉のプロとして、この問題には間違えるわけにはいきません」

とか言っちゃてるし。

いや、別に言っててもいいんだけどさ。

ああ言う人たちって、「かんぱつをいれず」とか発音してる人を見て、

「不勉強野郎め」

みたいな感じで見下してたりするのかな。

政治家が漢字の間違いをしたりした時の批判ぶりなんかすごかったよね。

それでいくと、「言葉のプロであるアナウンサー」なら漢字の読み間違いなんかしたもんなら速攻で辞表でも出しそうなもんだが、実際にはそんなことはない。

下手したら訂正すらしねえ(僕が見逃しただけで、後でしてたりしたらすいません)。

まあ、みんな自分とか身内には甘いよね。