目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

値段の高い木材で作られたギターは良い音がするのか

f:id:meboshi:20190211185604j:plain

こんにちは、目星(僕の名前)です。

幅広い音楽をたしなむ目星ですから、当然ギターなんかも弾いて楽しんだりするわけですよ。

今でも、エレキギターを弾いたりするんだよね。

で、ギターってさ、基本的に木材で作られてるわけじゃん。

木で出来てるの。

だいたい定番の木材っていうのが何種類かあって、それぞれに少しづつ違いがあるんだ。

見た目が違うとか、重さが違うとか、手触りが違うとか色々あるんだけど、やっぱり注目するのは

「音」

なんだよね。

作られた木材の種類によって、音が変わってくるんだ。

エレクトリック・ギター・メカニズム 完全版 (リットーミュージック・ムック)

エレクトリック・ギター・メカニズム 完全版 (リットーミュージック・ムック)

  • 作者: 竹田豊
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 1998/07/22
  • メディア: ムック
  • 購入: 2人 クリック: 15回
  • Amazon.co.jp で詳細を見る
 

どれだけ音が違ってくるのか

実際には、木材の違いによって劇的に音が変化するわけじゃない。

アンプやピックアップを変えたほうが百倍音は変化するし、間につなぐケーブルのほうがはるかに影響があるくらいだ。

そもそも、色々なエフェクトをかけるわけだから、元の音なんか全くわからなくなっちゃうよ。

だから、木材の「見た目」とか、「重さ」とか、「耐久性」とかのほうが重視するべきなんだけど、それはギターを買う方が気にすることであって、「作り手」としては木材の種類でも音作りをコントロールしなければならない。

木材の種類での影響は少しだけれど、そういう

「音への影響があるファクター」

を少しづつ積み上げていって、音作りが成り立っているのだ。

だから、買うほうが

「これはこんな木を使って作られているから、こういう音がするギターなんだな」

なんていう風に推測するのはナンセンスだね。

でも、そういったお客さんが多いのもまた事実なんだ。

木材の値段

よく見かけるのが、

「値段の高い木材を使ったから、良い音がする」

とか言ってるやつな。

いや、本当にそんなこと口に出して言ってはいないんだけど、そう思い込んでるんだ。

言葉にしたら、自分でもおかしいと気付くだろうけど。

木材の値段と、ギターの音の良し悪しは関係ねえ。

「ギターにすると音が良いので、この木材は値段が高いのです」

なんてあるわけねえだろ。

「木材の値段は、ギターに加工した時に音がいい順につけられています」

ありえねえ。

ギター用に伐採しすぎて、木材が枯渇して、値段が高騰したとでも思ってんのか?

それとも、

「値段の高い木材なら、高級品だから丁寧に作られている」

みたいな理由か?

「見た目」が理由で値段の高い木材なら、そういうこともあるかもしれないな。

逆に、

「値段の安い木材を使って作ったギターは音が悪い」

なんて思い込んでるやつもいるよ。

「これはこの木材だから、初心者用だ」

なんてな。

「ボディに安物の木材を使ってるのに、なんでこのギターこんなに高いの?」

みたいな感じで言うやつもいる。

むしろ、値段の安い木材の方が加工が難しくて、手間がかかったりするものもあるんだけどな。

でも、プロの人なんかは値段で楽器を決めないから、その「安い木材」で作ったギターを使ってたりするんだよね。

で、そのプロと同じギターを欲しいキッズたちは、「プロと同じギター」が売り出されても、上のような感想を抱くわけだ。

「プロなのになんでこんな安物使ってるの?」

ってね。

「プロなんだから、いくらでも良いギター使えるだろ」

いや、君が好きなギタリストは、使ってる木材の値段でギターを決めてるわけじゃないんだ。

でも、木材をちょっとだけ値段の高いものにしたギターを何万円も高い値段で売り出すと、そっちの方が売れたりする。

「誰々モデルの、プレミアムバージョン!」

みたいな感じで。

でも、君が好きなギタリストが選んだギターはそっちじゃないんだ。

全く滑稽だね。