目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

「荒木飛呂彦の漫画術」読んだよ

f:id:meboshi:20190218194851j:plain

「荒木飛呂彦の漫画術」荒木飛呂彦著、読んだよ。

みんな大好き、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦先生の漫画の書き方、指南本ですよ。

とはいえ、この本を買っている人は、

「漫画を描くときの参考にしよう」

というような理由で読んでいる人は少ないんじゃないかな。

おそらく、「ジョジョの奇妙な冒険」のファンの人が、

「この物語はどうやって作られたんだろう」

とか、

「このエピソードの背景には何があるのだろう」

とか、

「この面白い漫画を描く作者は、どんなことを考えて物語を作っているのだろう」

というような興味から読まれていると思う。

僕自身も、漫画を描くわけじゃなく、荒木飛呂彦先生のファンだから買ってみたんだよね。

そうしたら、案の定、「漫画の書き方」にとどまらない内容だったんだ。

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

 

良かったところ

とどまらないといっても、一見、漫画の創作術に終始しているように見える。

ストーリーの練り方やら、キャラクターの作り方やら、そういうことだ。

細かいところを見ていけば、そういった

「荒木先生が漫画を描く上で意識していること」

という内容を収めた本だと捉えることができる。

もちろん、こういった内容で僕のようなファンは大喜びだ。

「漫画を読んで、僕はこういうイメージを持っていたけど、先生はこういう目的を持って創作をしていたんだな」

というような発見があったりする。

「ここがこうだったのは、こういう理由からだったのか」

とかね。

それだけでも価値のある本なんだけど、「ものづくり」をする人にとって、もっと大きな学びもあったんだ。

漫画だけでなく、創作をしている人は、感じることがあるんじゃないかな。

それは、

「自分だけの方法論を持つ」

ということだ。

自分が創作活動をする上での「決まりごと」を作る、と言い換えても良い。

この本の全体を俯瞰してみると、荒木先生がどれだけ「決まりごと」を持っているのかがわかるだろう。

そういう捉え方をすると、この本は、荒木先生が

「自分はこれだけちゃんとした方法論を持っていますよ」

ということを紹介した書籍だ、と認識しても良いかもしれない。

物作りをする人、特に、アーティスティックな分野だと特にありがちなんだけど、

「自分の好きなことだけをしている」

というような印象を持たれやすいようだ。

そうではない。

自分の中で、きっちりと「決まりごと」を作っているものなんだ。

それは、むしろ

「私は、こういう場合はこうする」

という決まりではなく、

「私は、こういうことは絶対にしない」

ということだったりする。

自分を制限することだ。

創作活動というと、何やら自由で開放的なイメージがあったりするけど、実際には「制限」がオリジナリティを生んだりする。

この本でも、

「荒木先生はどんなことをしないようにしているのか」

というようなことに気をつけて読んでみると、また新しい発見があるかもしれないね。

良くないところ

この本のタイトルを真に受けて、そのまま漫画のテンプレートにしてしまったら、それは良くないんじゃないのかな。

あくまで、これは荒木先生の方法論だ。

それを、全くそのまま自分に当てはめて、

「ここは、この本に書いてある通り、こうしてみよう」

といった具合にやっていったとしても、うまくは行かないと思う。

この本は、

「自分の中に理由ができるまで、ちゃんと考え抜く」

ということを学ぶ本だ。

実は、「漫画の書き方」を学ぶ本ではないんだね。

ものすごく大雑把に表現して、

「物作りをするときの心構えを学ぶ」

とかにしちゃっても良いかもしれない。

これは、流石に大雑把過ぎるか。

もちろん、ジョジョファンの人たちにも大満足だから安心して良いよ。

でも、決してそれだけの本ではない。

僕も、手元に置いて、たまにパラパラと読み返しちゃう本なんだよね。