目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

冷凍した食材にも賞味期限があるみたいだな

f:id:meboshi:20190225191943j:plain

料理を始めてからというもの、毎日のようにスーパーに通っている目星です。

こんにちは。

そんなわけでですね、野菜とか魚とか肉とか買ってくるんだよね。

きのことかフルーツとかも買うよ。

僕だってね、調味料ばっかり買ってるわけじゃないんですわ!

まあ、調味料だって、そんなに買ってるわけじゃないんだけど。

食材を買うことだってあるんだ(当たり前か)。

でもさあ、ついつい一度に買いすぎちゃうんだよな。

そうすると、調味料と違って、すぐにダメになっちゃうんだよ。

腐ったり、カビが生えたり、ということですね。

そこで、料理のレシピ本以外にも、

「食材が長持ちする保存方法」

みたいな本で勉強したりしているんだ。

「食材の冷凍テクニック」

という種類の本も見つけて、それを読んだりもしている。

冷凍保存のきほん (主婦の友実用No.1シリーズ)

冷凍保存のきほん (主婦の友実用No.1シリーズ)

  • 作者: 牧野直子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • Amazon.co.jp で詳細を見る
 

冷凍すれば、一生保存できるんじゃないの?

その冷凍の本を何冊か読んだんだけど、必ず

「冷凍で一ヶ月持ちます」

みたいな表記があるわけ。

ここで、アレ? って思ったよね。

冷凍すれば、時が止まって永遠にそのままなんじゃないの?

って。

いや、僕が勝手にそう思ってただけなんだけど。

だってさ、アイスとかは賞味期限ないじゃん。

僕が大好きな「テレビ」っていう面白映像を流すハイテク装置で見たわ。

ということは、凍らせたものは賞味期限ないんじゃないの?

凍らせたアイスは賞味期限なくて、凍らせた野菜には賞味期限あるの?

どういう違いだよ。

よく考えたら、冷凍食品にも賞味期限書いてあるよね。

加工済み食品も、アイスとは別ジャンルか?

しかも、本を見ると、野菜とか食材によって、凍らせた時の期限が違う。

どういう違いなんだ。

なんでニンジンが一ヶ月でシイタケが二ヶ月なんだよ(数字は適当です)。

マンモスだって何億年もそのままだったじゃねえか。

「冷凍焼け」というのがあるらしい

本には載ってなかったけど、冷凍焼けっていうのがあるらしいな。

もしかして、これが原因なのか?

冷凍庫を開けたり閉めたりするときの温度差が原因で、食材が劣化するとのこと。

少し溶けたり、また凍ったり、というのがいけないんだそうだ。

だったら、アイスだって同じ条件じゃねえか。

アイスは密封されてて、酸化しにくいからか?

じゃあ、野菜も密封しておけば永遠に持つのか?

アイスはほとんど水分なのも関係してるのかな。

でも、ほとんど水分の野菜とかもあるし。

あ、この水分量が野菜によって期限が違う理由か?

でも、果実が入ったアイスもあるよね。

「しろくま」とか。

これはどうなの? フルーツの部分だけ劣化していくんじゃないの?

というか、「冷凍焼け」が原因なら、冷凍庫を一生開けなければ永遠に持つってことになる。

それとも、食材を冷凍するときの賞味期限に「冷凍焼け」はそもそも関係ないのか?

「冷凍庫を開ける頻度」なんて家庭によってだいぶ違うだろうから、賞味期限なんて決めても何倍も差が出てきちゃうだろうし。

賞味期限のあるアイスもあった

なんでアイスだけ特別なんだろうって思ってさ、うちにあるアイスを手にとってみたわけよ。

そしたら、そのアイスには賞味期限が書いてあるじゃねえか!

アレ?

なんか、話が違う……。

もう、前提からして違うじゃん。

僕の思い込みだったの?

夢なの?

って思って調べたらさ、そのメーカー(シャトレーゼ)は

「デリケートでとけやすいアイスなので、あえて賞味期限をつけてあります」

ということらしい。

やっぱり、本来はアイスに賞味期限の表示義務はないみたいなんだな。

「デリケートでとけやすいアイスなので」

ということは、やっぱり冷凍室を開けた時の影響で、アイスも品質が損なわれるという解釈で良いのだろうか。

ということは、その賞味期限付きのアイスも、冷凍庫を開けなければ一生美味しいままなのか?

それなら、野菜とか肉だって、一度冷凍した後に二度と冷凍室を開けなければ品質はそのままか?

「デリケートでとけやすい野菜や肉(概念)」

じゃなければ冷凍庫を開けても賞味期限は永遠か?

賞味期限と消費期限

シャトレーゼのアイスだって、

「美味しく食べてもらいたい」

から賞味期限をつけているだけであって、

「永遠に食べることはできる」

わけだよな。

これは、

賞味期限と消費期限

の違いの話だ。

つまり、シャトレーゼのアイスも、賞味期限はあっても、消費期限はない。

もしかして、「冷凍本」に書かれている「何ヶ月持ちます」というのも、

「何ヶ月を過ぎたら食べちゃダメです」

という意味ではなく、

「何ヶ月までは美味しく食べられます」

という意味なのかな。

「味の品質は落ちていくけど、何ヶ月までは、許容範囲です」

というような。

それならば、やっぱり

「凍らせておけば、品質は落ちたとしても、永遠に食べられます」

ということになるのでは?

でも、僕がそう思っただけで、どこにもそんなこと書いてねえ。

それに、

「冷凍庫を開ける頻度」

なんて家庭によって何倍も違ってくるだろうに、どうやって期限を導き出したのかも不明だ。

もしかしたら、冷凍庫を開けないでも劣化していく恐れもある。

結局、何もかもわからないままだな……。