目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

食器洗浄機を使う理由とは

f:id:meboshi:20190228185240j:plain

まさか、このご時世に食器洗浄機を使ってない人なんていないだろうな。

僕が食洗機を使い始めたのは十年以上前なんだけど、もうね、使い始めたその日から、なくてはならないものになっているね。

想像していたのとは大違い。

超便利。

「面倒な食器洗いをしてくれて楽になるだろうな」

程度の認識をしていたわけだけど、もう、全然違う。

そんなもんじゃない。

今から、洗濯機をなくして、毎日、洗濯板とかで一つ一つ手洗いしてください、とか言われても、冗談じゃないよ、ということになるじゃん。

でも、洗濯機がない時代はそれが普通だったわけじゃん。

そういうことです。

もう、なくてはならない。

毎日使ってるし。

僕も料理を始めたから、

「これで食洗機の出番が増えるぞ」

なんて思ってたけど、これは、そこまで捗るわけじゃなかった。

でかい炒め鍋とか、デカすぎて入らなかった。

調理器具とか、入ったとしても他のお皿とか入らなくなって、二回くらい動かさないといけなくなった。

いや、二回動かせば良いんだけど。

というか、実際に二回動かしている。

あ、やっぱり食洗機の出番が増えて、すごく捗ってるわ。

炒め鍋がでかくて食洗機に入らない、というくだりを書きたくて、表現を盛ってしまったことを、ここで謝罪いたします。

でも、本当に炒め鍋は手洗い。

まあ、それはいいや。

結局、すごい便利だってことです。

でも、ウダウダといろんな理屈をつけて使わない人もいるようだ。

そういう人だって、洗濯機は使ってるんだろ?

洗濯機より先に食洗機使った方が良いぞ!

洗濯機はコインランドリーとかあるじゃん。

でも、食洗機なかったら、手で食器洗うことになるじゃん。

え?

もしかして、割り箸とか、紙コップとか使ってるから洗い物出ない系の人ですか?

食事は全部外食とか。

出来合いのお惣菜もパックから移し替えません、とか。

まあ、そういう人もいるけども。

やっぱり、洗濯機より先に、というのは大げさだったわ。

食器洗い機は絶対に人生を変える―「ネオ家事」の賢いモノ選び (講談社SOPHIA BOOKS)

食器洗い機は絶対に人生を変える―「ネオ家事」の賢いモノ選び (講談社SOPHIA BOOKS)

 

食器洗浄機の利点

食洗機に興味ない人でも想像できることだけどさ、

「時間を節約できる」

というのが一番の利点としてあげられるよね。

「手間が省ける」

ということだ。

労力を使わなくて良い。

実際に食洗機を使ってる身としても、大いに賛同できるところだ。

あとは、

「手荒れをしなくなった」

とかもあげられると思う。

グローブ的なものをすれば防げるだろうけど、やぱり面倒を減らせるのは大きい。

「水の節約になる」

というのも、エコの意識が高い人には大きな意味がありそうだ。

「食器洗い機って、水を大量に使いそう」

などという勘違いをしている人もいるようだが、実際には手洗いの方が水を多く使ってしまう。

食器洗浄機は、エコなのである。

機種によっては、

「高温で除菌するから衛生的」

というのもある。

ここら辺が、食器洗浄機の利点、と言われて想像することではないだろうか。

食器洗浄機の欠点

さて、ここまで食器洗浄機の利点を書いたりして、みんなに勧めるような印象を与えてきたが、このブログ記事の目的はそこではない。

別に、食洗機の良さをアピールしたいわけではないのだ。

誤解しないでもらいたい。

この「食器洗浄機の利点」を読んで、

「何を今更、当たり前のことを」

と思われた方がほとんどではないだろうか。

今まで一度も食洗機を使ったことがなくても、この程度のことは知っている人が大勢いると思う。

じゃあ、食器洗浄機の欠点とは?

今回は、その欠点を、食洗機を使う目的だと思っている人の話だ(といっても、たいそうなエピソードがあるわけではないが)。

食器洗浄機って、動かすと一回で大体一時間近くかかる。

コースにもよるけど、乾燥とか長くすると、一時間以上かかると思ってもらって良い。

でも、その間ずっと見ているわけでもないし、一時間でも二時間でも三時間でも大差はないんだ。

スイッチを入れて出かけても良いし、夜に寝ているときに動かしても良い。

気付いた時には終了している。

僕にとっては時間はどうでも良いんだけど、問題になってくる人もいるんだね。

二時間かかったら問題になってくる人、というのもあんまり想像できないけど。

大人数で食器の数も多く、次の食事までに何回か動かさないといけない、みたいな人かな。

いや、むしろそういう人の方が食洗機を使った方がメリットがあると思うけど。

それはともかく、食洗機って、そこそこ時間のかかるものだ、ということなのだ。

しかし、この前、食洗機の利点を

「時間短縮」

だと思っている人に出会ったんだ。

その人は

「食洗機を使うと、手で洗うより早く終わる」

と思っていたのだ。

話をしていて、どうやら

「食洗機は洗うスピードが早い」

という印象を持っているようなので、食洗機は結構時間がかかることを教えると、

「そんなに時間がかかるなら、なんのために食洗機を使っているんですか?」

という疑問が返ってきた。

いや、なんのためにって……。

こっちが聞きたいわ。

手で洗うより早く洗い終えるために食洗機を使っていると思っていたのか?

これは結構なカルチャーショックだったね。

むしろ、なんのために手で洗うより早いスピードで洗い終える必要があるんだ?

もしかして、飲食店とかで次のお客さんのために早く食器を用意しなくてはならない、というようなケースを想像していたのだろうか。

確かに、業務用などで、乾燥機能などがなく、大量の食器をすごいスピードで洗浄してくれるようなものもある。

飲食業で働いていたことがあって、そういう食洗機を使っていたのだろうか。

でも、家庭用で、そんなスピード必要ないだろ。

いや、必要あったとしても、少し考えて他に色々な利点が思いつかないもんかね。

洗濯機だって、「手洗いと比べて早く終わる」という理由で使ってるわけじゃないし。

食洗機の利点なんて、その場で数秒考えただけでいくつか出てきそうなもんだけど。

あまりにびっくりして、そのあと食洗機についての説明もできなかったもんな。

こっちも幾多の疑問が湧いてきたが、それも聞けずじまい。

なんか、当たり障りのない会話になっちゃったわ。

こんなパターンは想定していなかった。

これは、なかなか思いつかないケースだったな。

もっと、心を強くして日々生きていかねば(そんな大げさなもんじゃない)。