目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

ゲームをスポーツなんかと一緒にされても困るんだけど

f:id:meboshi:20190321183835j:plain

最近、格闘ゲーム等が

「eスポーツ」

とかいうクソだせえ名称で呼ばれるようになってきたようだな。

どうせ、利権を貪ろうとする連中が考え出した名称だろう。

「e-Sports」て。

ゲームのプロ制度なんかも出てきたりして、いよいよ汚ねえ世界に取り込まれようとしているところまで来ちゃったね。

このプロ制度についても色々あるんだけど、それはまた長くなるから別の機会にしておこう。

今回は、ゲームがオリンピックの種目になるとか、そんな感じの風潮についてだ。 

東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない (PHP新書)

東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない (PHP新書)

 

近年のスポーツ業界のイメージ

どうやら、オリンピック側(という表現で良いのか?)からお断りされているみたいだね。

いや、

「お断りされてる」

なんていう品の良い表現じゃなくて、向こうからすれば

「ゲームなんかをスポーツと一緒にするな」

という感じだ。

スポーツ業界を牛耳っているお偉いさん達からすれば、そういう感じだろうね。

もちろん、そういう立場の人からすればゲームを参入させたとしても自分自身にはメリットなんかないだろうし、そもそもゲームについての知識なんかもないだろう。

近年のスポーツ関係のニュースなんかを見ていると、スポーツ業界のお偉いさん達がどんな人間か、だいたい想像がつくんじゃないかな。

相撲だったり、アマチュアボクシングだったり、アメフトだったり、体操だったり、重量挙げだったり、とにかく盛りだくさんですわ。

これらを見てると、とても

「あれはほんの一部だけで、ほとんどのスポーツ関係者はまともなんです」

なんて思えないね。

どの口で

「スポーツは健全な肉体と魂を育成します」

とか言ってんの?

「eスポーツ」

なんていったら、あんなのと一緒のイメージにされちゃうじゃん。

冗談じゃないぜ。

まさか、スポーツ業界は

「ゲームがスポーツになりたがっている」

なんて勘違いしてるんじゃないだろうな。

あんなの、

「ゲームをスポーツにすると得をする連中」

が勝手に言ってるだけだぜ。

一つ断っておくと、もちろん

「スポーツ選手」

自体に罪はない。

純粋に競技に打ち込んで、頑張って努力していることだろう。

「スポーツ業界のお偉いさん」と、「スポーツ選手」とは別に考えなければならない。

スポーツ観戦をして応援している人たちだって、そういった選手に感動しているわけだ。

「ナントカ連盟の偉い人のイメージが悪いので、選手の応援はしません」

というような発想にはならない。

そこは、切り離して考えるべきだろう。

ただ、昨今の事例を鑑みるに、そういった優秀な選手も将来、選手以外の立場になったり、権力を持ったりすると、人が変わってしまうのかもしれないけれど。

ゲームはスポーツだと認めない、という風潮

何を根拠としての自信なのかは知らないが、スポーツ業界はゲームを下に見ているようだ。

おそらく、歴史的なものだろうな。

「格下のゲーム」に対して、

「ゲームをスポーツとして認めてあげるかどうかの権限を自分たちが持っているんだぞ」

というわけだ。

テレビを見ていても、元スポーツ選手だかなんだかの人が、

「ゲームなんて、スポーツとは認めません!」

とか言ってたりするし。

いやいや、なぜあなたたちに認めてもらわなければならないのか。

だったら、逆に

「スポーツなんて、ゲームとは認めません!」

というのもあり得るね。

イメージ改善のために、これからは「スポーツ」じゃなくて、

「筋肉ゲーム」

みたいな名前にしたら?

と、こういう話になるかもしれないわけだ。

しかし、こんな話を「ゲーム否定派」の人に言っても理解できるかどうかは怪しい。

案の定、「ゲームを認めない」発言をしている元スポーツ選手を見ても、

「これらの事柄について物事を分析する能力はないだろう」

と思われる人たちばかりだったからだ。

発言内容を見ても、そう判断せざるを得ない。

元は優秀な選手だったかもしれないが、それとは別の話だ。

スポーツの試合についてコメントしたり、バラエティ番組で活躍できたりはするかもしれないが、何かを判断したりするための知識があったり、物の見方ができたりするわけではない。

しかし、世間への影響は多大だろう。

eスポーツ業界はどこへゆくのか

これまでのスポーツの歴史と同じく、商業的な流れに組み込まれてくようだ。

良いとか、悪いとかいう問題ではない。

なんとかして違う流れに、と考えるような対象でもない。

自動車が普及して、馬車がなくなっていったことに対して、文句を言っても無意味なのと同じだ。

メジャーになっていく、というのはそういうことでもある。

「ゲームが好きで、大切にしたい」

というような思いを持っている人が支配する世界ではなくなっていく。

スポーツ業界の不祥事でイメージがどうとか書いたばかりだけど、すぐゲーム業界も同じようになるだろう。

ただ、ゲーム業界の流れはコントロールできないけれど、その流れにどう対処するか、選手自身は考えていかなければならない。

チーム戦が主になるゲームだと、すでに「eスポーツ化」の影響は大きく、うまくやっていくことのできない選手もいるようだ。

個人能力のみでもやっていけている「格闘ゲーム」とかだと、今のところ影響は少ない。

だが、

「プロ制度」

など、どんどん問題も出始めてきている。

大会の賞金問題など。

これからもっと問題が出てくるだろうから、選手の人たちとか、これから目指している人たちも、今のうちに色々準備しておかないとヤバイぞ。

曖昧で、無責任な発言になっちゃうけど、

「自分自身が自分に対して、何かしらをする」

しかない。

曖昧すぎるにも程があるな。

「プロのあり方を考える」

っていうことだけど。