目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

高輪ゲートウェイ駅はネーミング自体が問題なわけではない

f:id:meboshi:20190328190059j:plain

そういえば、

「高輪ゲートウェイ駅問題」

ってあったじゃん。

撤回を求める署名を提出したとかいうニュースを見て思い出したわ。

新しく作る駅の名前をなんにするか、というやつだ。

地方在住の僕としてはあんまり関係ないというか、高輪とか初めて知ったというか、どういうニュアンスの問題なのかわからないというか、とにかく、

「一体何が問題になっているのかを理解するのにも一苦労」

って感じだ。

その地域周辺の人たちにとっては色々問題があるんだろうな。

今まで慣れ親しんできた名称からイメージがかけ離れてるとか。

隣接していく駅と文字数が違いすぎるから、表記上の問題としてデザインしにくく、読みづらくなってしまうとか。

せっかくオリンピックで海外からの旅行者が来るんだから、もっと日本的なネーミングでアピールした方が良いとか。

そもそもネーミング自体がダサいとか。

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

  • 作者: 坂井豊貴
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • Amazon.co.jp で詳細を見る
 

ニュース番組での扱い

撤回署名を提出したというニュース番組を見てたらさ、前提として

「ネーミングの馴染みやすさ」

の問題として取り上げちゃってるんだよな。

高輪ゲートウェイ駅というネーミングに決定した当時のニュース番組でも、同じような扱いだった。

高輪ゲートウェイ駅という名前の評判が良くないことを受けて、

「そのうち慣れるでしょう」

なんて言ってんの。

「昔、アレの名前が決まった時も、当時は違和感があった」

みたいな話にしていた。

いや、そういう事じゃねえだろ、と。

別に、名前の響きがどうとか言ってるわけじゃあないと思うんだよな。

いや、名前の響きは良くないんだけど、それが原因で評判が良くないわけではない。

インタビューで街の人に聞けば、名前がダサい、みたいな返答が返ってくるだろうから、そう感じてしまうのも無理はないけど、そういうことじゃあないんだ。

名前の決め方の問題

聞くところによるとさ、名称の候補を決めるときに一般から応募を募ったらしいじゃん。

皆さんの意見を聞きますよ、という姿勢だ。

でも、高輪ゲートウェイ駅は百番以下だったとか聞いたけど。

つまり、公募は形だけで、全く参考にはしていなかったことになるね。

「素人の意見なんか参考にはならないけど、形として募集しとけば、 ”一般の意見も取り入れる柔軟な組織ですアピール” ができるから一応やっとくか」

という匂いがプンプンしてるんですよぉー!

そこが気に入らないって言ってるわけです。

電車とか、

「名前がダサいから利用しません」

なんてことはありえないじゃん。

「ライバル企業」

とか、

「対抗馬」

とかないから。

独占事業ですから。

そこを利用するような、

「お前らの好みなんてどうでもいい。自分たちのセンスで決める」

という態度が見えちゃうんだね。

しかも、自分にはセンスがあると思っているだろう人たちの決めた名称が

「高輪ゲートウェイ駅」

なのだ。

まあ、一般的な話だが、名称を決められるような権力を持っている人間が有能なことはごく稀である。

今回も、そういった雰囲気が伝わり、

「こんなアホな人間が権力を振るっている組織ってまずいんじゃないの?」

という思いから

「名称を変更しろ運動」

が起こっていったわけだ。

あるいは、

「公募した、としておけば市民の共感を得られるだろう」

などという浅はかな考えをしている様を見て、

「電車なんて毎日使うものなのに、こんなバカな企業に命を預けて良いのか」

という思いも湧いてくるだろう。

テレビのインタビュアーは

「この名前についてどう思いますか?」

という具合で聞くもんだから、

「ダサい」

的な返答が来がちなんだけど、

「みんなが反発しているのは、そこじゃねえよ」

という感じなんだよね。