目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

ラーメンに乗っているもやしは必要なのか

f:id:meboshi:20190404185121j:plain

最近、

「もやし」

が結構好きなんだよね。

どうやって食べるのかというと、味噌汁に入れるのよ。

「もやしの味噌汁」って聞いても、あんまり馴染みがないよね。

食べたことのない人もたくさんいると思う。

僕も作ってみたのは最近なんだけど、結構いい味を出すのよ。

美味しい。

食感も良い。

ポイントは、水が冷たい時から一緒に入れて煮ること。

ハマってます。

みんなも、一度試してみたら良いよ。

というわけで、すっかりもやしづいている僕なんですが、ちょっとした事件(というほどでもない)があったんですよ。

それが、

「ラーメンの上に乗ってるもやし」

なんですね。

もやし100レシピ (GAKKEN HIT MOOK 学研のお料理レシピ)

もやし100レシピ (GAKKEN HIT MOOK 学研のお料理レシピ)

 

ラーメンの上に乗っているもやしは、邪魔なのか?

端的に言ってしまうと、

ラーメンの上のもやしは、必要なのか、いらないのか

ということなんだけど。

僕としては、

「必要に決まってるだろ!」

と声を大にして宣言しておこう。

最近もやしが好きだから。

まあ、ちょっと前まではなんとも思っていなかったんだけど。

立場上、「もやし好き」ということにしとくわ。

それでさ、日本のラーメンって、海外とかにも進出してるじゃん。

どんどん増えてるみたいね。

そこでさ、海外の連中が偉そうに味の感想を言うわけよ。

まるで、自分のことを

「味の違いがわかる人間です」

とばかりに自信満々に喋るわけです。

まあ、それは別に良いんだけど。

そこで、こんな感想が出たわけだ。

「もやしが、スープの味を変えてしまう」

と。

……。

なるほど。

だから、上に乗ってるもやしはいらねーってか。

……。

クソが!

もやし美味いでしょうよ!

「より美味しいスープに変える」

の間違いじゃねえのか。

もやしからも、美味しいダシが出てるの!

お店の人だって、それを計算してレシピを組み立ててるんだろうに。

タンメンとかどうなっちゃうんだよ。

もやしなかったら成り立たないじゃん。

いやあ、呆れたね。

近年稀に見るブチギレ案件ですよ。

もう、こんなに憤慨したのは三日ぶりだね。

もやしがスープの味を変えるんならよー、そのうちに

「チャーシューが入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「メンマが入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「ナルトが入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「味玉が入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「醤油が入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「豚骨が入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「鶏ガラが入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「煮干しが入ってたらスープの味が変わる」

とか、

「麺が入ってたらスープの味が変わる」

とか言い出すんじゃねえのか。

もう、お湯でも飲んどけよ。

利きミネラルウォーター大会でも開催してろ。

と、こんな具合に、もやし向上委員会の僕としては激怒ですよ。

もやしにハマって、まだ二週間くらいだけどな……。

……。

そうか、まだ二週間か……。

……。

まあ、冷静に考えたら、そこまで「大好き」というほどじゃなかったわ。

これも、別にブチギレるほどの話でもないな。

もやしは確かに美味しいんだけど。

もう少ししたら、食べ飽きて逆に嫌いになりそうな感じもするし。

ハマっちゃうと、そればっかり食べちゃうから、急に飽きてくることがあるんだよね。

ほどほどにしなきゃダメだな。

闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記

闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記

  • 作者: 飯塚雅俊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • Amazon.co.jp で詳細を見る