目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

ねんがんのフードプロセッサーをてにいれたぞ!

f:id:meboshi:20190416195321j:plain

フードプロセッサー買ったよ。

フードプロセッサーっていうのは、色々な食材を細かくするやつね。

機能が豊富なやつは、パンのタネをこねたり、野菜のスライスや千切りが出来たりするんだ。

素晴らしいね。

こういったことは、基本的にフードプロセッサーがなくても良いんだけど、簡単に、短い時間で行うことが出来るんだ。

玉ねぎのみじん切りも一瞬だ!

これを使って、パン作りをしたり、ハンバーグを作ったり、サラダに使う野菜を切ったり、色々可能性が広がるね!

……。

とか思うじゃん。

甘い。

甘いわ。

まだ僕のことを良くわかってないようだな。

僕が、そんな面倒な料理するわけないだろ!

パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

 

大根おろし専用機として購入

この前さ、大根おろし器のブログ書いたじゃん。

この時は板状の大根おろし器を使って、手でおろして作ったんだよな。

たまになら良いか、と思ってたんだけど、思いのほかハマっちゃってさ。

あれからひんぱんに作ってたんだよね。

ほぼ毎日と言って良い。

大根おろしって、何にでも合うからな。

大根おろしを乗っけただけで、「和風なんとか」の完成だ!

素晴らしい発明です。

だけど、流石に毎日手でおろしていたのでは面倒になってきて、フードプロセッサーを買っちゃったんだ。

一人分なら、手でやっても良いけど、家族分も、ということだと大量に作らないといけないんだよね。

今までは、僕が手で全部やっていたわけだ。

そこで、フードプロセッサー君にやってもらおうというわけです。

つまり、大根おろし専用機。

他には使わない。

そのうち使うようになるかもしれないけど、そこまで面倒な料理を僕がするかなあ、という気持ちもある。

大根おろしの出来は

この前、「大根おろし器」について熱く語ったところ申し訳ないんだけどさ。

もう完全にフードプロセッサーに移行しちゃったわ。

たった数日前のことなのに。

確かに、仕上がりの具合を調整するためには、目的にあった「大根おろし器」を使い分けないといけないかもしれない。

でもね……。

そんなの関係ねえ!

フードプロセッサーでも十分だって。

ちゃんと

「大根おろしカッター」

がついていて、とても美味しい大根おろしができる。

楽だし。

一人分とかなら、後片付けも考えると「大根おろし器」の方が楽だろうけどさ。

毎日、大量に作ってるのよ、最近。

この楽さは、おいしさには代えられないね。

だって、フードプロセッサーのもおいしいんだから。

手で作った大根おろしの方がおいしいとしても、ほんのわずかの差だって。

好みの差と言って良い。

フードプロセッサーの方が、高級大根おろし器より好きだ、という人だっているんじゃないの。

でも、難点もある。

たまに、最後まで削りきれなかった大根が大きめの塊として残ってしまうことがあるのだ。

でも、お店で出すのならともかく、家で食べるんだから、こんなのは全く問題ではない。

素晴らしいね。

でも、もっと色々使えるんだから、他の料理にも使いたい。

なんか、もったいなく思えてきたわ。

各種カッターとか付属してるのに、全く使わずにおいてあるだけだし。

でも、

「フードプロセッサーを使う料理」

なんていうのは、面倒な料理が多いんだよな。

フードプロセッサーを買わなければ作らなかったであろう料理たちだ。

楽をするために買ったのに、逆に面倒なことをする羽目になるとは……。

健康のためにジョギングをしてたら転んで怪我をした、みたいな。

いや、それは全然違うか……。