目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

エスカレーターとかいう気を抜けない乗り物

f:id:meboshi:20190515190348j:plain

日本だと少ないけど、エスカレーターの事故とか聞くことがあるよね。

故障して高速で急降下したとか。

内部が露出して、機械に挟まれたとか。

人が将棋倒しになったとか。

でも、これだけ日常で使っているものだと、

「事故があるかもしれない」

なんていう意識なんて少しもなくなっちゃうよな。

機械の故障とかだと、使用者としては防ぎようがないけど。

事故が起こった時に、冷静に対処するのは難しい。

自分が冷静でいられたとしても、パニックになった周りの人たちに巻き込まれるかもしれないし。

それでも、いざという時の心構えくらいはしておくべきだよな。

エスカレーターいかがですかレーター

エスカレーターいかがですかレーター

 

エスカレーターって、歩いちゃいけないんだって

みんなさ、エスカレーターに乗る時って、左か右、どちらかに寄って乗るよね。

それで、急ぐ人が反対側を通れるようにするじゃん。

右に寄るか左に寄るか、というのは地方によって逆なんだってね。

でも、実際にはエスカレーターは歩いちゃいけないらしい。

事故の原因になるからだってさ。

構造的に、歩いても問題ないと思うんだけど。

だったら、

「階段」

とかも、歩くのを禁止しなきゃダメじゃん。

事故の原因になるから。

でも、エスカレーターの場合は、メーカーとか作った人の責任にされちゃうからな。

歩くのを禁止するのもわかるよ。

「日本はエスカレーターに歩いて乗らない礼儀正しい国です」

みたいなアピールのためもあるかもしれない。

なんにせよ、僕は紳士なのでエスカレーターで歩いたことはないけどな。

いつも走って乗ってるから(ジョーク)。

たまにあるエスカレーターでのトラブル

「エスカレーターには立ち止まって乗る」

というのは、よく話題に出るから知ってる人も多いだろうな。

でも、「事故防止」という観点では、もっと気をつけないといけないことがあると思うよ。

歩いて乗って、何か事故になりそうになったことはないんだよね。

むしろ、立ち止まって乗っている時に、事故になりそうになったパターンがある。

それが、

「前に乗っていた人が、エスカレーターから降りた直後に立ち止まる」

というケースだ。

エスカレーターから降りた直後、

「さて、次はどこへ行けば良いのかな?」

とばかりに周りをゆっくりと見渡したりするの。

エスカレーターから降りた場所で、急にバックの中から何か探そうとしたりする人もいる。

ガサゴソと。

で、こっちは自動的に進んじゃうじゃん。

エスカレーターって止まらないじゃん。

降りるところないじゃん。

ぶつかるじゃん。

「こっちが相手にぶつかっていった」、みたいになるじゃん。

急な出来事に

「あ、す、すいません」

とか言うしかないじゃん。

なんか、こっちが悪いような雰囲気になるじゃん。

クソが。

大抵、大変お年を召された方(配慮した表現)だ。

どうすんのこれ。

気をつけようがなくね?

なんか、こっちの責任になったりすんの?

大変お年を召された方(配慮した表現)とぶつかっちゃったら、怪我をするのは向こうの方だろうし。

困るんですけど。

おかげで、エスカレーターで前に誰かいるときは、かなり距離をとって乗る習慣が出来ちゃったわ。

このパターンは、逆に

「エスカレーターは歩いて乗る」

という決まりにした方が、立ち止まることなく行けると思うんだけど。

でも、そうすると、大変お年を召された方(配慮した表現)等には厳しい。

デメリットの方が多いな。

やっぱり、こういう事故を防ぐためには自分が気をつけなきゃダメだわ。

みんなもエレベーターに乗る時には、自分の身を守るために気をつけた方がいいよ。