目星と調味料のススメ

全然グルメじゃないブログ

コロッケ作るのが最強にめんどくさい

f:id:meboshi:20190603183055j:plain

コロッケってさ、定番のおかず、みたいな印象があるじゃん。

庶民的なイメージでさ。

家庭的な。

そこで、僕も自分で作ってみようかな、みたいな感じになったわけです。

簡単な料理しかしないとはいえ、僕も色々チャレンジしているのよ。

ところが、作り方を調べてみたところ、これがとんでもねえ。

え? みんな、本当にこんな作り方してんの?

って思ったね。

あ、これはわざわざレシピとして本に載ってるわけだから、凝った作り方をしてるだけで、みんな本当はもっと簡単な作り方してるんだろ、みたいな。

でも、コロッケの作り方なんて、だいたい同じだ。

すげえめんどくせえ。

なんだこれ。

おいしいコロッケ大百科 中食コロッケの秘密

おいしいコロッケ大百科 中食コロッケの秘密

  • 作者: 簗瀬久,大目裕一
  • 出版社/メーカー: アイフォレスト出版
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本
  • Amazon.co.jp で詳細を見る
 

揚げる前段階ですでにめんどくせえ

コロッケって、揚げ物なんだから、そこがすでにめんどくさいじゃん。

まあ、そこはわかりきってるから、覚悟はしてましたよ。

揚げる、という一行程だけですでにめんどくさい。

野菜の素揚げとかだって、準備は野菜を切るくらいだけなのに、めんどくさいじゃん。

それが、コロッケともなると、タネ(コロッケの中身)を作るだけで、もう大変。

じゃがいも潰して揚げるくらいだと思うじゃん。

いやいや、これがとんでもねえ。

まず、じゃがいもは皮をむいて茹でないといけない。

皮をむくくらいはわかってたけど、茹でるのは予想外だったわ。

え? あとで揚げるのに茹でるの?

って思ったね。

二度手間じゃね?

って。

茹でた時点で、もう食えるじゃん、ってなるよね。

そこから調理進める理由ある?

みたいな。

でも、コロッケは美味しいからな。

美味しさのためにはこれくらいの手間は仕方ない。

そこから、茹でたジャガイモを潰す作業もある。

どうやら、潰す用のマッシャー? っていう器具があるらしいな。

そんなの持ってないよ。

普通のご家庭にはあるのか? マッシャー。

なんか、違う用具で代用したりしてんのか?

これも買ってこなきゃいけないな。

コロッケって、ひき肉とかも入ってるよね

ここでタネの出来上がり、だと思ったら大きな間違いだ。

お前らが普段食ってるコロッケの中身を思い出してみろ。

ジャガイモだけじゃない。

申し訳程度のひき肉やら玉ねぎやらが入っているわけだ。

これも、そのままジャガイモに混ぜ込めば良いわけではない。

ひき肉と玉ねぎはちゃんと炒めたりしないといけないのだ。

玉ねぎはちゃんと飴色になるまで炒めて、それからひき肉を投入し、塩胡椒とかで味をつけたりして、やっとジャガイモと混ぜられる段階になる。

いや、これも玉ねぎとひき肉炒めた時点で完成された料理でしょ。

もう、そのまま食えば良いじゃん。

なんなの?

まあ、でも、コロッケは美味しいからな……。

これくらいの手間は仕方ない……のか?

ここから、衣をつけたりして、やっと揚げる段階だ。

って、これ……大変すぎじゃね?

しかし、大変なのはここだけではとどまらない。

衣にはパン粉を使うわけだが、ここにも魔の領域が広がっている。

「生パン粉」とか言い出すヤツが現れるのだ。

「パン粉用のパン」を焼き始めるヤツも出てくる始末。

さすがにそこまではできないわ。

パン粉はお店で買えば良いじゃん。

コロッケはコロッケ屋さんで買うことにします

商店街のお肉屋さんみたいなところですごく安くコロッケとか売ってるところあるけど、あれは採算取れてるのかね。

なんか、五十円とか、そういうレベルでしょ。

いや、実際の値段は把握してないけど、ちゃんと儲かってんの?

一度に大量に作ればそれほどの手間でもないのかな。

でも、家庭で作るには大変すぎるわ。

食うときは二口くらいで食べちゃうだろ、あんなの。

秒で食えるわ。

全然割りに合わねえ。

もう、コロッケはお店で買う方が良い気がしてきた。

どうせ、頑張って自分で作っても、

「え? パン粉をお店で買ってきてるのに、自分で料理してるとか言えるんですか?」

とか言われちゃうんだろ?

そのうちに、ジャガイモから栽培しろとか言い出すんじゃないだろうな。

カルビーかよ。

料理って大変すぎるわ。